便秘になるとそれだけで、精神的に辛かったり、生活に支障が出るので大変ですが、便秘になりやすい季節は冬と言われているのはご存じでしたか。そう、冬は便秘の原因になる事柄がたくさんあるのです。

73f6843cf23f489f9628ddedf09969bb_s

便秘とは無縁の人も便秘になってしまう可能性を高める季節なので要注意。

トイレにいくことが苦痛

冬になると、トイレが寒いので、トイレに入る事自体が苦痛になります。それは、寒い空間の中で便秘と格闘をすることになるからです。

便秘になると、すんなりトイレを済ます事ができません。便座が冷たいとそれだけで体の芯から冷えきってしまいます。

そしてトイレの空間の寒さ。長い時間いることによって、体が冷えてしまい、結果、トイレにいく事が嫌になってしまうのです。

体が冷える

便秘になると、全身の血流が悪くなります。大腸の動きは血流と比例しているといってもいいほど重要な役割を担っていて、便秘になれば全身の血流も悪くなるのです。

血流の悪さは寒い冬にはとても堪えます。あまりの寒さに着込んでも体の芯から冷えることもあり、外出することも嫌になってしまいます。

ヨーグルトなどで体が冷えてしまう

便秘になると、便秘解消の手段として、ヨーグルトを食べたりスムージーを飲む事があります。
これは夏の場合は、冷たくて美味しく、とても嬉しいかぎりですが、冬の寒い季節には、冷たいモノを食べたり飲んだりすることによって、体の芯から寒くなってしまいます。

体が重い

夏でも、体が重いと思う事があります。しかし、冬の場合は寒いことによって、余計に寒さの為に体が重く感じます。

それは便秘によって、体の循環が悪くなり、その結果、不要なものが溜まりやすくなっているということなのです。

冬は、寒さだけでも布団から出にくいということがある上に、体も重たく感じるので、余計に辛いです。

太りやすい

便秘になると体の代謝が悪くなるので、太りやすくなります。夏の場合は、何もしなくても暑さで体の代謝をある程度上げることができてしまいます。

暑い時には、汗をかくので少しは代謝を活発にすることが出来るのです。しかし、冬の場合は、汗をかくこともなく、体自体が冷えているので余計に代謝が悪くなるのです。
その結果、夏よりも、太りやすいということが言えます。

仮に運動をしても、汗をかくまでに時間がかかってしまうので、夏の倍以上に運動をしなければなりません。

まとめ

冬は、暑い季節から比べると、便秘を悪化させることはもちろんのこと、便秘ではない人でも便秘になってしまう可能性を高める季節でもあります。

そのため、冬になる前に便秘にならないような体づくり、生活習慣を整える事が大事です。特に食事は、暖かい食物繊維を含むものがよいでしょう。