28歳/銀行

私がまだ中学生の頃、仲の良い友達でひどい便秘の子がいました。
私自身、便秘の悩みを抱えたことすらなかったので

彼女が『もう、一週間出てない気がする…』
と言ってきた時は本当に衝撃を受けました。

思わず

「えっ!マジか?」

と反応してしまったほどです。

その当時は、そんな人がいることが信じられず、友達を本気で
心配したものです。
便秘ということが外見からでも分かってしまう

便秘の彼女はテニス部に所属していて体はよく動かしていました。
また、汗をあり得ないぐらいかくので水分補給もしっかりしているようでした。

便秘対策といって必ず話題になるのが運動ですが、彼女は運動をしていたので便秘になるのはちょっとおかしい話。

なぜ便秘になるのか。

彼女の便秘は本当につらそうでしたが、家庭環境も可哀想な子でした。生まれてから間もなく母親が病気で無くなってしまい父親に育てられてきた経緯があるのです。そんな環境の中で、バランスが取れている食事、母親がいないことへのストレス。

便秘の原因は彼女が一番よく理解していて、ご飯とかストレスが関係しているかもしれないと、しきりに言っていたのを覚えています。
また、ひどい便秘になると外見にも顕著に現れます。

彼女の肌は、ひどく荒れていたのです。いつもニキビが出来ていて、体は痩せているのにお腹が少しポコっと出ていました。始めは運動をしているから紫外線や、家に帰ってすぐバタンキューで顔を洗えなかったり。

そんなことが原因だと思っていましたが、違うんですね。振り返るとそれも便秘からくるものだったのでしょう。

便秘のひどかった彼女が見違えたのはなぜ

中学を卒業し、それぞれ別の高校に進学、家も近かったのもあって、その後も彼女とは長い付き合いで、お互い信頼できる友人関係として大人になっていきました。

私は、彼女の便秘の悩みについてしばらく忘れていて、ある時、彼女の肌がツルンとしてることに気付いたのです。高校の卒業で二人で旅行に行った時のことです。

『あれ?なんか、中学の時に比べてスゴイ肌がきれいになったね』

と言うと、彼女はニッコリ。

最近、便秘が少しずつ良くなっているそうです。3日に一度くらい出るようになったということでした。

彼女のお肌の状態を見て、1週間出なかった時とはずいぶん違うなと思いました。

排便が毎日ある私にとっては3日出ないことは信じられませんが、排便が3日おきでももしかしたら許容範囲なのかもしれません。それは彼女のお肌が証明しています。
今ではお互い結婚して時々会う程度に減ってしまいましたが、相変わらずお肌はツルンとしてキレイな状態が保たれています。

便秘がよくなるとここまでお肌がキレイになるのかと嫉妬するほどでした。
1週間の便秘がよくなった理由を彼女に聞きました。

彼女が偶然発見した便秘解消法

今の旦那さんとは、大学時代のトレッキングサークルで出会い、順調に愛を育んで結婚に至ったのですが、結婚前はよくトレッキングデートを楽しんでいました。

その時いつも持ち歩いていたのが、彼が好物なリンゴ。お腹の持ちが良いということもあり、重宝していたそうです。

トレッキングデートのある日、果物ナイフを忘れてしまい、リンゴを食べるとき仕方なく皮ごと食べてお腹を満たしていたのですが、

少しすると、お腹がグルグルなってしまい我慢できず、山で用を足すハメになってしまいました。便秘5日目だったのでちょうど良かったといえばよかったのですが、

場所が…

もちろんこのことは彼は知りません。

最初はリンゴにあたってしまったと思っていたのですがどうやら違う。お家に帰ってリンゴを試しに皮ごと食べたら、また同じようにお腹がゆるくなってしまいました。

リンゴを食べるとお腹がゆるくなる。彼女が偶然発見した便秘解消法です。

彼女の場合は皮付きリンゴを食べると便秘がよくなる。3日に1度の排便のきっかけとなりました。

メカニズムとしては、リンゴの皮には数値的なことは分かりませんが、繊維量がハンパないみたいです。

これに味をしめた彼女はフルーツは何でも皮付きで食べるようになりました。皮なんて食べれなそうなキウイまでも・・・

その甲斐あって1週間に1度の排便が3日に1度の排便になることができました。

また、最近私の夫が何日もお腹がゆるくなってしまったのですが、その原因がリンゴを皮ごと食べていたことでした。

私や夫の両親も同じようにしてリンゴを毎日食べましたが、お腹がゆるくなることはありませんでした。どうやらこれは体質によるようです。

お腹はゆるくならないものの、リンゴを皮ごと食べるといつも以上に、お通じが良い気がしました。

偶然の発見は自分が一番嬉しいでしょう。、一週間も便秘に苦しみ、肌荒れの問題を抱えていたのですから。

もし同じように便秘に対して深刻に悩んでいる人がいたら、一つの案として皮ごとフルーツを食べることを勧めてみてもいいかもしれません。