正直に申し上げると、学生時代は便秘など無縁でした。別に特別健康的な生活を送っていたわけでも、野菜類が好きだったわけでもありません。むしろ学生…特に大学時代は徹夜で遊びまわり、酒を飲み、肉と魚、それに脂ものを大量に食べ…と、不摂生極まりない暴飲暴食を繰り返しておりました。強いて言えば、少し胃腸は人よりも弱いほうだったかもしれません。なので下りこそすれ、フン詰まり(下品ですみません)だなんて…といったところでした。社会人になってからはさすがに連日徹夜で飲み歩くことはなくなりましたが、食生活は特に気にせず、好きなものを食べる生活を送りました。働くにはエネルギーが必要だし、食べるのってストレス解消にもなりますしね。

しかし25歳を過ぎ、26歳になったくらいからでしょうか。いわゆる「アラサー」に足を突っ込んだ頃からです。なんだか体が重いのです。日々必死に働きつつ生活していましたが、なんだか体がいつも本調子じゃない。同僚と「最近体が重くてさ」「やっぱり年だな~」なんて軽口を叩いてたのですが、ある日様式便器に座ってしばらくして気付きました。そういえばこのところ、あまりウ○コ出してない…と。そういえば、最近オナラも臭いし、口臭も強い気がする。あれだけ自分には関係ないどころか、心のどこかで小ばかにさえしていた便秘に、ついになってしまったのです。世間一般にはまだまだ若いと言われる年齢ですが、若さだけでなんでも乗り切れる歳ではないんだな…と現実を目の当たりにし、ショックでした。しかし裏を返せば、努力次第でまだどうとでもなる年齢なのです。今のうちに体の基礎をしっかりさせておけば、将来的にも老いからくる不調をゆるやかにできるのではないかと思い、まずは便秘を治すことから体作りをスタートさせました。

まずはとにかく詰まったウ○コをすべて出してしまおうと、もともとお腹に合わない牛乳を飲みました。たしかに出ましたが、これただの下痢じゃん…。健康とかそんなレベルじゃない。なのでこの方法は却下。
次に、それまでは気持ち程度しか食べなかった野菜の量を増やしました。ドレッシング等ちゃんと選べば、野菜もなかなかオツなもの。しかし数日続けてみると、まぁ前よりは体が軽くなった感じがするし、肌も少し綺麗になった気がします。…が、肝心のものが出てこない。便秘解消には至りませんでしたが、とりあえずほかの部分で効果があったので、食べる野菜の量は普段から増やすことに。
ほかにも最大で2時間くらい変動していた睡眠時間をキッチリ定め、毎日6時間は寝るように。これもたしかに昼間シャキシャキ動けるように体が改善されたものの、まだ出るものが出ない…。

そんななか、睡眠と適度な食事で血色がよくなり、同時に少し太った私は、ダイエットをスタートさせました。通勤時、一駅多く歩く、自宅近くのジムに行って、ある日はプールで泳ぎ、ある日はランニングマシーンで駆け…毎日少しずつながら体を動かすように意識してみました。
すると…出たのです。ウ○コが!久しぶりの快便です。超スッキリ。自分でもビックリしました。

医者などにはかかっていないので、正直運動が決定打だったのかはわかりません。しかし、体を動かすことで内外の器官が活性化したのかもしれないな…とは思います。ともあれ大成功です。これ以降、私は前述の生活を続けています。野菜をなるべく多く食べ、早寝早起きを心がけ、日常の中に運動を取り入れていく。なんだかどこの健康志向の年寄りかと思いますが、これが一番いいようです。健全な肉体だからこそ、いらないものをしっかりと排出できるんですね。今では学生時代よりも元気な気がします。

…この文章を書いていたら、なんだかもよおしてきました。また快便を実感するためにトイレに向かうとして、本文を締めさせていただきます。