便秘を解消させるには何がいいと聞くとみんな口をそろえてヨーグルトと言うでしょう。しかし、ヨーグルトには体との相性もあるのでこのヨーグルトがいいよって言えるものは実のところありません。


色々なヨーグルトを食べて自分と相性がいいヨーグルトを探すのがベストですが、あまり好きではない人が色々なヨーグルトを食べるのはけっこう苦痛です。もちろん好きな人は色々試して体に合うものを探したほうがいいのですが。


そうはいっても、基本的にヨーグルトは腸内の善玉菌を増やして腸内フローラの状態を整えてくれる栄養素には変わりないのですから、相性がいい悪いに関わらず継続して摂ることは大切です。


また、乳酸菌は腸に辿り着く前にほとんどが死んでしまうとされているので、世間では生きて届くものが良いと言われていますが、最近の研究結果では死んだ乳酸菌も善玉菌のエサになることが分かっているので、乳酸菌の状態はあまり気にすることありません。


ヨーグルトは腸内フローラの状態を良くする働きがあります。しかしヨーグルトには乳酸菌しか含まれていないので善玉菌を増やすことしか出来ません。それだと効率が悪いのです。


便秘解消のサプリに注目してみると分かることですが、乳酸菌はもちろんのこと善玉菌のエサになるオリゴ糖、便をやわらかくしたり嵩を増やしてくれる食物繊維まで配合されているものが多いです。


食物繊維の働き3つ

保水性

食物繊維には不溶性と水溶性があります。水溶性は読んで字のごとく水を含んでいる性質。便が柔らかくなって便の嵩を増やしてくれる。

吸着性

食物の中の有害な物質(コレステロールなど)を吸着して便として出してくれる。

発酵性

腸内の善玉菌によって食物繊維の一部が分解。分解後脂肪酸に変化する。脂肪酸のなかには酪酸がありこれは腸の働きを活発化させる元になる。つまり、食物繊維を摂れば摂るほど酪酸が増え腸の動きがよくなってくる。

このことからサプリって便秘解消にとても理想な配合なのです。商品化して高く売っている理由がおわかりかと思います。この理想な配合って実はヨーグルトでも出来てしまいます。


ヨーグルトで便秘解消の効果を倍増させるには?

答えは簡単。ヨーグルトにオリゴ糖と食物繊維を足してあげれば良いだけです。ヨーグルトと相性がいいオリゴ糖はハチミツ。そして食物繊維は果物(缶詰でOK)です。これらの2つはヨーグルトとの相性が非常に良いのでおいしくなります。ヨーグルトが苦手な人もペロッと食べられるでしょう。

便秘解消に効果的!ファイバーレシピ
  • 「ブロッコリー」×「キウィ」×「ヨーグルト」×「オリゴ糖」

便秘解消ドリンク

材料

・ブロッコリー      80g
・キウィ         1個
・プレーンヨーグルト  200g
・オリゴ糖      小さじ4

ブロッコリーとキウィは食物繊維が多く水溶性と不溶性のバランスも良いためとても効果的。オリゴ糖がブロッコリーの青臭さを消してくれるのでおいしく飲める。調理も簡単なのでオススメ。

※出典:cookpad


 

  • 「ハチミツ」×「大根おろし」×「ヨーグルト」

14c79709be5bbe5ad3c1229361672bb6

材料

・ハチミツ   大さじ1
・大根おろし   50g
・ヨーグルト   50g

便秘外来で有名な小林弘幸先生がオススメする組み合わせ。水溶性である大根、オリゴ糖のハチミツ。便秘解消の理想な配合と言ってもいいぐらいバランスが良いです。しかも簡単に作れるから時間がない朝食にも向いている。効果があると定評。

※出典:cookpad

まとめ

便秘解消にヨーグルトを食べても効果が感じられないという方が多く見られますがそもそも継続性がありません。腸内菌は100兆個は存在するのですからたった1回のヨーグルトで100兆もの菌のバランスを変えることなんて到底ムリな話です。普通は少しづつ良くなっていくものです。


便秘でヨーグルトを試している方やサプリの購入を検討している方は、一度騙されたと思って先ほどの食べ方で1ヶ月ほど実践してみてはいかがでしょうか。きっと今とは違う腸になっているはずです。